狭小住宅はスペースの有効活用がカギ|住みやすさを意識した設計

家の模型

じっくりと検討

家の雛形

ふじみ野市で分譲住宅を購入する時は、いくつかのポイントを頭に思い浮かべながら慎重に選ぶようにしましょう。また、住宅の購入というのは不明点が多々ありますので、焦らずに基本を確認しながら進めていくことが肝心です。

»詳しく見る

優良な土地を選ぶ

一軒家

西東京市で土地を探す際には不動産業者に任せることが最適ですが、不動産業者に紹介された土地だからといって即決してはいけません。まずは、その土地を実際に見学して、周辺環境や隣地の状況・境界線、生活動線を確認しましょう。

»詳しく見る

近年のリサーチスタイル

住宅

埼玉の土地を購入したい場合、不動産会社のホームページをチェックして情報を得ると良いでしょう。更に効率的な方法としては、土地情報を一括でリサーチできるサイトの利用が便利です。不動産会社の垣根を越えて情報が入手できるので人気です。

»詳しく見る

都市部で家を建てるなら

東京de注文住宅

スペースを有効活用しておくことが大切です。狭小住宅は東京のハウスメーカーで対応しているので相談をして設計を組んでおこう。

小さな土地に建てる家

住宅

狭小住宅とは、狭く小さな土地に建てる住宅のことです。主に東京や大阪の都市部に家を建てようとするときに狭小住宅となることが多いです。東京などの都市部は土地単価が高いため、大きな土地を購入するのは大変です。しかし東京の都市部に家を建てると、通勤が楽だったり生活に便利だったりといった様々なメリットもあります。こうしたメリットと予算を両立させることができるのが狭小住宅です。狭小住宅は、狭いだけでなく三角形だったり斜面だったりと住宅が建てにくい土地に建てる住宅のこともさします。多くの住宅は、住むスペースを確保するために多層階にしたり地下室を作ったりすることが多いです。また、日照の問題があるため屋上を利用する住宅も少なくありません。

狭くても工夫次第

東京では狭小住宅の需要が高いため、ハウスメーカーや工務店などでも施工事例が多くあります。狭小住宅を建てるときは、単に土地の面積だけでなく、容積率や建蔽率、斜線問題など複数の問題が生じることがあるため、施工実績がしっかりしているメーカーや工務店に依頼する方がいいでしょう。土地は狭くても、様々な工夫を取り入れることで住むスペースを確保することはできます。三階建てにしたり、地下室を設けたりはよくある例です。ほか、ロフトの設置や、間仕切りの排除なども空間の有効利用ができる手段です。日照を得るには、吹き抜けを作ったり、窓を大きくしたりすると日照が得られます。また、土地選びの時は北側が道路になっているところがおすすめです。